脳トレーニングに挑戦して

Posted by haskap on 9月 10 2015 | 雑記

運転免許証の更新案内が届いた。
75歳になるので認知症のテストを受けるようにとのお達しである。
85歳の知人が、100点満点を採って、教官に驚かれたという話を聞いていたので、然らば私もと闘志を燃やしテスト用の参考書がないものかと本屋に出向いた。

認知症に関する書籍は沢山あるが、殆どがケアや医学的な予防法などで、受験向きの本などない。
それもそのはずで、自分がどれ程の認知症なのかテストするはずもないわけで、見事傾向と対策は失敗。

それでも本棚をいろいろ見ていたら、「100歳になってもボケずに人生を楽しもう」と言う脳のトレーニング本が目に留まった。
パラパラめくってみたら面白そうなので3冊買って早速挑戦してみた。

P1020665.JPG 脳トレーニングの本

諺や熟語の文字を入れるのなどは簡単に答えれるが、トンチ問題は、からっきしお手上げ。
氷が溶けたら水になります。雪が溶けたら何になるでしょう。水と答えたら不正解。答えは春。
カモメは鳥類、クジラは哺乳類、では狐とタヌキは何類?答えはめん類。
てな具合で結構バカバカしいが難しい。

まあボケ防止にどれ程役立つとは思えないが、暇をもて余している人間には、挑戦してみる価値があるかもしれないと思い92歳の爺友にプレゼントしたら、「もう手遅れだ」と返された。

さて運転免許の認知症テスト。
これが試験かというような内容だったが、16枚の絵を見せてしばらくしてから何の絵が描かれていたかを書くテストがあった。これは13コマはすぐ思い出したが3コマ時間切れになった。
ただそのあとヒントがあったので全問回答できた。

100点満点とはいかなかったが96点。

3年後は100点を目指しましょう。 これこそボケの兆候かな??


P1020703.JPG
2015年9月10日

新千歳空港 ハスカップとアイスワインの店
ハスカップ

三ッ野由希子

no comments for now

Pages (50): « First ... « 1 2 3 [4] 5 6 7 » ... Last »